手提げ袋の素材を知ろう〜目的に応じた材料〜

紙の知識が必要

紙袋を激安で制作するなら、紙の素材を知っておく必要があるでしょう。紙は非常に多くの種類がありますから、イメージに近い紙袋を作成するためにも、オススメとなる紙の種類について確認しておいてください!

紙袋に使用される紙の種類【オススメ順】

no.1

色の付いたクラフト紙

激安にて紙袋を作成したいのであれば、すでに色が付いたクラフト紙を利用することがオススメです。こちらは裏もしっかりと色が付いているのが特徴となりますよ。さらに色が落ちるような心配も不要です。色によって料金が異なることもないですから、費用を抑えたい方は検討してくださいね。

no.2

晒クラフト紙

しっかりと漂白が行われた紙を晒クラフトと呼びます。漂白することで、丈夫さが少し損なわれてしまっていますが、紙袋として使用するには問題ありません。晒クラフトが使用されている場面は多くあり、紙袋の素材としては非常に人気となっています。

no.3

コート紙

印刷との相性が抜群なのがコート紙となります。発色が非常に良いですから、彩やかな印刷を行いたい場合にはコート紙が最適です。コート紙を紙袋として利用する時には、ラミネートの加工をすることをオススメします。

no.4

半晒クラフト紙

パルプが少しだけ漂白されているのが、半晒クラフトになります。優しい色合いの紙となっており、目にすることも多い紙だと言えます。例えば茶封筒は、半晒クラフトが利用されていますよ。印刷することを考えつつ、優しいイメージも持たせたいならこちらを選ぶと良いのです。

no.5

未晒クラフト紙

とても強度が強いのが「未晒クラフト」の特性です。素材を楽しむことができる紙の種類となりますから、「自然」をイメージした商品を売っている企業の方にオススメできます。こちらに印刷を施す際には、単色が向いていますよ。

手提げ袋の素材を知ろう〜目的に応じた材料〜

紙袋

コストを抑えたいなら…

手提げ袋を激安で作成したいなら、素材を検討すると良いですよ。特に紙袋を利用すると、コストを抑えることができるでしょう。しかし紙以外にも低コストを実現できる素材はあります。例としては不織布、そしてビニールがあるでしょう。

目的に合った素材を

素材の特性を理解しておくことで、理想的な手提げ袋を作成することが可能となります。激安で紙袋を作成したい方も、素材の知識を深めておくと良いですよ。例えばビニール製の手提げ袋は使い捨てることを想定する際に利用することができます。特に洋服を包むような手提げ袋として、ビニールの素材が最適なのです。

紙袋作成〜データを入稿する手順〜

データを作る

紙袋に印刷を依頼する時には、デザインのデータを準備する必要があります。印刷業者の指示に従って、正しいデータを用意する必要があるでしょう。しっかりとしたデータを作成するには、業者が配布しているフォーマットを利用することも大切です。

色の指定を行う

イメージ通りの印刷を実現させるには、カラーを指定することも大切です。カラーの指定を行うことによって、思い通りの色を印刷してもらうことができますよ。色見本を利用したり、サンプルを送付することで色の指示を出すことができます。

データを送る

デザインデータが完成しましたら、紙袋の作成を依頼する業者に送付してください。デザインデータは容量が大きいこともありますから、送信することが難しいケースもあるでしょう。そんな時にはネット上の転送サービスなどを利用してください。

業者のチェック

送付したデータは、業者によってチェックが行われます。データに不備があった場合には手直しが必要となる場合もあるでしょう。データの修正までも依頼できる場合がありますから、事前に確認しておいてくださいね。データのチェックが完了しましたら、制作となります。

広告募集中